ISO

片山商事株式会社 環境方針

当グループは、環境保全事業を通じて、自らの組織と共に社会の健全な発展に貢献する使命と役割を担う。また、その活動自体が地球環境へ影響を与えていることも認識の上、次に挙げる取り組みを行う。

1.環境への取り組みをマネジメントシステムの一貫として取り入れ、全社的な活動を行う。

2.事業を通じて、地域住民の快適で衛生的な暮らしを支える。

3.顧客の環境側面に関して、安心・安全な廃棄物処理体制を維持し、併せて環境負荷低減を推奨するなど、環境配慮型企業の支援をする。

4.自らの事業活動により、次に挙げるような一般的な事業活動と同等に発生する環境負荷に対する施策についても、環境保全分野の専門組織として、他の業界の模範となるよう積極的に推進する。

(1) 省エネルギー・省資源化を推進しCO2削減を実施し地球温暖化防止に協力する。
(2) 大気汚染・水質汚濁・土壌汚染を防止し騒音、振動等公害の発生を抑制する。
(3) 4R【Refuse(断る), Reduce(減らす), Reuse(再利用する), Recycle(再資源する)】を徹底的に推進し、廃棄物の削減を図る。

5.地域ボランティア活動や、各種市民団体との協働や協賛等によって、清潔で安全な地域社会づくりに対する企業市民としての責務を果たす。

6.当グループの内外における多様なステークホルダーとの間で必要に応じてコミュニケーションを構築し、活動に客観的な評価を与える。

7.事業活動に係る環境関連の法律、規制、協定、その他同意事項を明確にし、遵守する。

8.事業所及び階層ごとに環境目的・目標・実施計画を定め、さらにマネジメントシステムの定期的な見直しを実施し、方針の実現を図る。

9.全従業員、派遣社員に対して、環境方針の周知徹底を図り、環境へ及ぼす影響の自覚を促し、各自が最適な役割を果たすことにより環境保全型企業を目指す。

10.この方針は公表する。

2017年4月1日
片山商事株式会社グループ
(改訂05)